-天気予報コム-

最近のトラックバック

ミヨシフィールドトライアル2014

  • ボンベイファイアー
    2014年7月11日(金)

サカタのタネトルコギキョウ見学会2014

  • SM2-976
    2014年7月12日(土)

SUMIKAトルコギキョウ展示会2014

  • エリオライラック
    2014年7月11日(金)

タキイ品種展示会2014

  • ファルダダブルレモン
    2014年7月11日(金)

コサージュ展示会2014

  • N2フリンジ・クリスホワイト
    2014年7月12日(土)

ムラカミシードユーストマ展示会2014

  • ソリールⅡ型ピンクフラッシュ
    2014年7月12日(土)

« 冬のトルコギキョウ祭り! | トップページ | 2010年度トルコギキョウ品種ランキング »

雪の中の圃場廻り

福岡から帰ってきた翌日には同じ福でも福島へ・・・ここでは総会前に勉強会もあり、その勉強会にも参加させて頂きましたが、土作りや、肥料などについての講義を5時間ほど聞きました。福岡、福島でこれだけのトルコギキョウの栽培方法についてみっちり仕込まれると、作らなければならないのか?と思ってしまうほどです。

翌日は雪の降る中、圃場廻り!

Hikari_041

Hikari_037 10月下旬に定植した圃場です。

Hikari_040_2 ちょっと分かりづらいかな?右側が長野セルトップの苗、左側が4月に播種し約6ヵ月経った苗(頂き物です)10月下旬定植ですが、スタートしてからの生育馬力が全然違います。でも播種してから出荷になるまで14ヵ月。

お次はラナンキュラスのハウスへ。

Hikari_042 ラナンキュラスのハウスは雪が降っても開放するため、ものすご~く寒いです。

この寒さがしまって、日持ちのする花を咲かせます。

Hikari_043 Hikari_046 こちらも春の出荷に向けてトルコギキョウの定植が行われていました。

Hikari_047_3 こちらは初めて作ったキャンディータフト。何時ぐらいに出荷になるのか?

お次は南会津まで移動し、麹作りの講習!!

Hikari_048_2 では無く、ここではペーパーポットの苗作りの強制労働・・・ではなく、体験です。

Hikari_051 このようにねぎ用培土をペーパーポットに詰めて行きます。

Hikari_052 このようにたくさんの培土をを敷き詰め、穴ごとに指を突っ込みさら培土を詰め込みます。

Hikari_053 計りに乗せ、目安は4kg。さらに水槽に漬け、水を完全に浸みこませ8kgします。

Hikari_057 このような穴の空いた種まき機でコーティング種子をペーパーポットに一気に落とします。

Hikari_059 見づらいかな?このように種子が上手く落ちます。

冬場の産地でも春~夏に向けての出荷準備が着々と行われています。なかなか冬の産地の現場を歩くことは少ないですが、今回は良い体験をさせて頂きました。

花職人Aizuの皆様ありがとうございました。

にほんブログ村 花ブログへ にほんブログ村 花ブログ 花農家・花き市場へ

« 冬のトルコギキョウ祭り! | トップページ | 2010年度トルコギキョウ品種ランキング »

」カテゴリの記事

コメント

江美さん

先日はありがとうございました。
次回は味噌造りと加工品にでもチャレンジしようかな~

手代木宅での一輪車押しに続き、土いじりと農作業が絵になる人だな~と感服しております(* ̄ー ̄*)
次は何をご用意致しましょうかねえ~??( ̄ー ̄)ニヤリ
お疲れのところ、ご苦労様でした!!

山内さん、先日はありがとうございました。
今後も宜しくお願いします。

GUCCHIさん、先日はありがとうございました。
連日の出張の上に長時間にわたる講義、
また、翌日には圃場視察に強制労・・・い、いえ体験まで、
本当にお疲れ様でした。
GUCCHIさんの姿を見ていると、私達も頑張らなければ!
と思います。
今後ともよろしくお願いいたします。

花職人Aizu 山内

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雪の中の圃場廻り:

« 冬のトルコギキョウ祭り! | トップページ | 2010年度トルコギキョウ品種ランキング »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ
募金サイト イーココロ!
[PR]ブログパーツ「FLO:Q」

あし@